リトライ! はり師きゅう師!!   

南流山 はり師・きゅう師国家試験受験塾

   

「塾 月灯」

平成29年度のはり師きゅう師の国家試験が終わりました。

はり師きゅう師ともに受かった方、おめでとうございます。




しかし中には、はり師は受かったもののきゅう師に落ちた方、


きゅう師には受かったもののはり師に落ちた方、


そして残念ながら二つとも資格取得がかなわなかった方も

いらっしゃると思います。




でも、あきらめないで!


人間には、どんな人にも無限の可能性があります。


「やる気」さえあれば、無限の可能性は必ず広がっていきます。


私たち「月灯」はリトライを選んだ人たちを応援します!!



惜しくも合格点を逃し、苦しんだあなたは

それだけ鍼灸師に必要な「おもいやり」や「反省」、「想像力」というスキルを

身に着けるチャンスに出会えたのです!!




ぜひ資格を取ってください。

そして腕も心も磨き「よい鍼灸師」を待っている

患者さんのところに行ってほしいと私たち「月灯」は願っております。





 

南流山 「塾 月灯」

6月より開講!
2019年 2月まで
9ヶ月 試験直前まで対応

受講費用詳細(税込)


入会金 ¥50,000
受講料 月額 ¥30,000



計 320,000円

週2日開講 1日120分 予定


開講日、開講時間は要相談
入会金、受講料一括納入の場合割引制度有り


受講料は月初納入厳守と致します。

説明会随時実施、御連絡の上お気軽にご相談に来て下さい。
受講費用等の相談も個別にて承ります。







南流山 「塾 月灯」の特徴


1.少人数制での学習

少人数制での学習により、アットホームな雰囲気で
学習への集中力・理解力の向上を目指します。

いまさら・・聞けない・・・が、今だから聞かなきゃ!の学習へ



2.当塾独自の学習方法


教科書を基にした基本的内容の確認。
4択問題を中心にした実践的な授業。
全員参加の討議形式による模擬問題の検証等、
国家試験まで、その時期に応じた授業内容を展開していきます。





3.試験出題者の目線での試験対策。


昨年(H26年)から国家試験出題基準が改訂!(東洋療法研修試験財団 発表)
新基準を意識し、重点項目の繰り返し学習を行います。
塾生自らオリジナル試験問題を作成。
出題方法の分析と重要点の絞込みに繋がります。





4.自宅学習へのフォロー

自宅での個人学習の習慣づけと、
教科書を確認して理解していく事を目的に、
授業後毎に、課題(宿題)の提出をおこなって頂きます。




5.塾 月灯 全力でのバックアップ
受験願書提出から試験終了後までのフォロー。
受験願書申請・記入・提出方法の指導
試験当日は月灯スタッフが試験場所に赴きメンタル面を応援。
試験翌日、独自模範解答作成し事前合否予想の実施。



これら特徴を柱として、塾生各自の
持っている基礎学力、理解力を上げていきます。






南流山 国家試験受験塾の3つの約束


1.定期的に模擬試験を行い、一緒に弱点を探す

国家試験を意識した模擬試験を定期的に実施します。
試験後の結果は、教科別取得点の分析データー

を各個人にお渡しし、客観的自己分析に役立てて頂きます。





2.弱点克服のための補習授業の開催

各期特別講習(夏季講習・国試直前講習 等)を
開催致します(別途料金)。
自宅等で個人の学習に自信
がもてない方でも
サポート致します。


3.体調・精神面でのフォロー・その他の特典


 施術院の「つきあかり」にて、
塾生割引料金にて施術が受けられます。
また、心理カウンセラーによるカウンセリングも同様に受けられます。
心身共に健康な状態で国家試験に臨めるような、バックアップ体制があります。

定期的に鍼灸医療用具販売業者が来塾し、
塾生割引価格にて鍼灸医療用具が購入できます。












これら3つの約束の元、
「迷子にならない・孤独にならない」
受験体制をサポートします!






南流山 「塾 月灯」の資格取得後の取り組み



試験合格後も「月灯」はあなたを見守ります。

希望者にはさらなるスキルアップを応援します!!

 1、施術(通電治療・経絡治療 等)勉強会の開催。
初歩からの施術指導。

 2、耳つぼジュエリー講座開催。
耳つぼのセラピストとして、即現金収入可能な資格となります。



 3、世界中医薬学会連合会(本部 中国北京)への
短期留学の斡旋。(国際鍼灸師の認証取得を目的としています。)



 4、登録販売者(医薬品第二・三類販売)の資格取得を応援。
(東京・埼玉・千葉・神奈川 在住者)





南流山 「塾 月灯」の授業内容



<講習教科>


主な教科

解剖学生理学臨床医学各論

経絡経穴東洋医学臨床論


問題が多く、かつ理解しないと点数が取ることが
難しいこの4教科を主として授業は行っていきます。



 副となる教科(上記教科に関連づけて授業に盛り込み、
宿題として課題を提出して頂きます。)



  東洋医学概論リハビリ臨床医学総論 等




<受講スケジュール>


週 2回 (毎週 予定)

 時間 受講希望者と応相談
( 1日 120分)

 

 2016年 6月第1週から 2017年 2月 末週 まで(予定)
年末年始のみ休塾


  


 

 ※冬季直前講習(予定 別途料金)

   2019年2月の始めから、試験直前までの3週間。
週3回(毎週 火・水・木 試験直前(土)・直後(月)予定)

    全11回 22コマ





受講者の声と講師紹介

受講者のインタビューなど詳細




授業内容 一例 〜シラバス〜





お問い合わせは

TEL&FAX  047−103−8820


メールでのお問い合わせは

tuki-akari.639@sj9.so-net.ne.jp







TOPへ